skip to contents.

外国投資の法的保護 : その現代的様相と課題  

経済協力シリーズ

No.178


経済協力シリーズ 外国投資の法的保護 : その現代的様相と課題 ■ 外国投資の法的保護 : その現代的様相と課題
■ 矢谷 通朗  編
■ 2,831円(本体価格 2,622円)
■ A5判
■ 206pp.
■ 1996年3月29日発行
オンライン購入

CONTENTS

はしがき pdf / 矢谷 通朗
第1章 アメリカの二国間投資促進保護協定の論議と変遷 pdf / 横川 新
1. BITの概要
2. アメリカとBIT
 1.投資待遇・基準
 2.国有化と補償
 3.送金の自由
3. アメリカのBITと社会主義諸国
 1.商業活動
 2.最恵国・内国民得遇
 3.投資認可
 4.performance requirement
 5.国有化と補償
 6.送金の自由
 7.投資紛争解決
 8.知的所有権

第2章 東アジアにおける二国間投資促進保護協定の締結状況 pdf / 今泉 慎也
はじめに
1. 東アジア諸国間のBITsの増加とその背景
2. 東アジア諸国間のBITsの特徴
 1.適用範囲の問題
 2.投資の受け入れ
 3.待遇
 4.紛争解決手続き
 5.規定内容の傾向
おわりに

第3章 ラテンアメリカにおける外国投資の法的保護-「カルボ原則」の法的意義を中心に- pdf / 矢谷 通朗
はじめに
1. 国内法における「カルボ原則」
 1.内国民待遇
 2.国内裁判の専属的管轄権と外交保護権
2. 国内裁判の専属的管轄と国際商事仲裁
 1.米州および国際間の商事仲裁条約
 2.国際商事仲裁の国内法
3. BITsの投資紛争解決と「カルボ原則」
 1.投資紛争解決条約
 2.ICSIDの紛争処理
 3.BITsにおける国際的紛争解決
おわりに

第4章 条約における現地化履行要件と貿易関連投資措置 / 櫻井 雅夫
はじめに
1. 用語をめぐる諸問題
 1.定義
 2.内容
2. 問題の背景
 1.外国系企業の現地化
 2.投資受入国としてのカナダの要求
 3.アメリカによるガット提訴
3. 国際機関におけるPRsの検討
 1.通商条約
 2.BIT
 3.自由貿易協定
 4.地域協定
 5.多数国間条約等
5. 今後の見通し


第5章 90年代発展途上国の外資法の傾向 pdf / 鈴木 康二
はじめに
1. 外私企業への対応の変化
 1.輸出指向型製造業外国投資への優遇措置の削減
 2.100%外資企業の隆盛の要因
 3.資本市場の成長と外資規制の見直し
2. 企業組織と外資法
 1.アジア社会主義国の外資法の特色
 2.支店営業と資本参加
3. BOT方式と外資法
 1.BOT方式の意義
 2.ベトナムにおけるBOT方式
 3.現地通貨の交換性の問題
 4.BOT方式における担保権の設定
 5.インフラ費用支払の問題と内国民待遇
 6.ロシア・東欧における民営化の現状
おわりに

第6章 メキシコの外資規制の変遷とOECD加盟後の課題 / 中川 和彦
はじめに
1. ディアス時代の外資政策
 1.総説
 2.独立からディアス政権の発足までの外資政策
 3.ディアス政権の発足と外資政策
 4.外資の優遇
 5.農業と外資政策
 6.メキシコ人に対する差別
 7.外資誘致の功罪
2. メキシコ革命と外資政策
 1.マデーロの外資政策
 2.カランサの外資政策
 3.1917年憲法
 4.オブレゴーンの外資政策
 5.カリエスの外資政策
 6.カールデナスの外資政策
 7.石油事業の国有化
3. 1944年デクレトを中心とする外資政策
 1.カマチョの外資政策
 2.アレマーンの外資政策
 3.ロペス=マテオスの外資政策
 4.ディアス=オルダスの外資政策
4. 1973年外資法と1993年新外資法
 1.1973年外資法の制定
 2.銀行国有化
 3.1984年ガイドライン
 4.1989年規則
 5.1993年新外資法
5. OECDへの加盟とNAFTAの発足

資料 APEC非拘束的投資原則 / 中川 和彦