skip to contents.

開発と社会 : 教育を中心として  

経済協力シリーズ

No.173


経済協力シリーズ 開発と社会 : 教育を中心として ■ 開発と社会 : 教育を中心として
■ 豊田 俊雄  編
■ 3,780円(本体価格 3,500円)
■ A5判
■ 275pp.
■ 1995年1月31日発行
オンライン購入

CONTENTS

はしがき pdf / 丸山 伸郎
序 「開発と社会」について pdf / 豊田 俊雄
1. 社会開発(Social Development)への援助
2. 教育への協力
3. 保健・衛生・医療への協力
4. 「開発と社会」と国際機関

第1章 「開発と社会」に関する新しい視点-教育を中心として- pdf / 豊田 俊雄
第1節 教育による開発
第2節 国づくりの基盤としての基礎教育
 1.ジョムティエン宣言
 2.教育開発上のジレンマ
 3.基礎教育援助の必要額
 4.教育開発政策の目標(まとめとして)
第3節 保健・衛生・医療と開発

第2章 国際機関の動向 pdf / 豊田 俊雄・北村 かよ子・北野 浩一・森 亨
はじめに-国際機関の教育援助
 1.ユニセフ
 2.ユネスコ
 3.UNDP
第1節 教育
1. OECD・DACの社会開発援助の視点-基礎教育開発への援助を中心に
  はじめに
  1.DACにおける教育開発の重要性認識の背景
  2.DACの基礎教育に関する認識
  3.基礎教育のニーズの推計
  4.「すべての人に教育を」を実現するためにいくらかかるか
  5.教育分野に対する援助政策・援助行動はどうあるべきか
  6.NGOと地域グループの参加促進
  まとめ
2. 世界銀行の教育援助
  はじめに
  1.教育セクター融資の概観
  2.教育援助の経験
  3.1990年代の教育援助政策
  おわりに
第2節 保健・医療
1. 世界の健康の現状
2. 世界保健機関(WHO)
3. 世界銀行

第3章 わが国の社会開発援助への取組み pdf / 豊田 俊雄
第1節 わが国の教育援助
 1.教育援助の前提
 2.わが国の教育援助の実績
 おわりに
第2節 わが国の保健・医療協力

第4章 「教育開発」の実態 pdf / 西沢 信善・北村 かよ子・西沢 信善・荒井 悦代・佐藤 寛・豊田 俊雄
第1節 中国・重慶市における基礎教育
 1.基礎教育の実施状況
 2.基礎教育の管理体制とその問題点
 3.国有企業と基礎教育
第2節 タイの教育開発の実態と問題点-基礎教育を中心に
 はじめに
 1.タイの基礎教育の実態
 2.タイの基礎教育の歴史的発展と課程
 3.学校外教育
 4.タイの基礎教育開発に対する諸外国の援助と今後の援助課題
第3節 ミャンマーの教育
 1.概観
 2.基礎教育
 3.高等教育
 4.職業教育
 5.遠隔地教育、通信教育など
 むすび
第4節 スリランカの教育と開発
 1.学制
 2.就学率
 3.識字率
 4.歴史と背景
 5.問題点
 6.開発と教育
第5節 パキスタンの教育の現状と問題点
 1.制度
 2.教育支出
 3.学校・学生数
 4.就学率
 5.ドロップアウト率
 6.識字率
 7.歴史と背景
 8.識字政策-パキスタンにとって特に急務とされる識字について
 9.識字教育の問題点
 10.開発と教育
第6節 イエメンにおける開発と教育
 1.イエメンの開発状況
 2.イエメンにおける教育
 3.教育開発の問題点
 4.教育開発の方向
第7節 エリトリアの開発と教育
 1.エリトリアの開発状況
 2.エリトリアにおける開発と教育
 3.エリトリアにおける教育分野への協力可能性
第8節 アフリカ諸国への教育協力-ケニアを中心として
 1.教育の現状
 2.ケニアの教育と学歴社会
 3.アフリカへの教育協力
第9節 中南米諸国への教育協力-パラグァイを中心として
 1.教育の現状
 2.中南米3カ国の教育
 3.今後の教育協力
 おわりに

第5章 社会開発の課題 pdf / 西沢 信善
第1節 途上国の貧困
 1.貧困の概念と計測
 2.貧困の諸相
第2節 途上国の人口増加
 1.人口増加の状況
 2.人口増加と土地開発
第3節 社会開発の課題
 1.社会開発の意義と課題
 2.社会開発の新しい分析視点

補論II 教育の経済学と経済発展 pdf / 伊藤 成朗
はじめに
第1節 経済発展と教育の事実関係
 1.南北格差の傾向
 2.教育の拡大
 3.教育の成長への寄与
第2節 教育と経済発展の関係-マクロ的アプローチ
 1.新古典派成長理論
 2.内生的成長理論
第3節 教育の需給分析-ミクロ的アプローチ
 1.理論の展開
 2.収益率の計測
おわりに