skip to contents.

情勢分析レポート

国内外で関心の高いトピックスや緊急な問題について、さまざまな側面から解説や展望を行う。
ミャンマー2015年総選挙
No.27
『ミャンマー2015年総選挙 ——アウンサンスーチー新政権はいかに誕生したのか——』
長田紀之・中西嘉宏・工藤年博 著 / 1,404円(本体価格 1,300円) / 2016年10月3日発行 / ISBN978-4-258-30027-3
約半世紀ぶりの自由で公正な選挙が行われたミャンマー。2015年11月の総選挙の分析から、アウンサンスーチー新政権誕生の軌跡を明らかにし、「ポスト軍政」の第2ステージを展望する。
ASEAN共同体
No.26
『ASEAN共同体 ——政治安全保障・経済・社会文化——』
鈴木 早苗 編 / 1,944円(本体価格 1,800円) / 2016年9月14日発行 / ISBN978-4-258-30026-6
ASEAN諸国がその構築を進めているASEAN共同体は政治安全保障共同体・経済共同体・社会文化共同体の三つの柱から構成される。ASEAN共同体構築の名の下に、ASEAN諸国はどのような協力を行っているのかについて解説し、課題を指摘する。
内戦終結後のスリランカ政治
No.25
『内戦終結後のスリランカ政治 ——ラージャパクサからシリセーナへ——』
荒井 悦代 著 / 1,404円(本体価格 1,300円) / 2016年6月30日発行 / ISBN978-4-258-30025-9
26年間続いたスリランカ内戦を終結させ、経済発展をもたらしたマヒンダ・ラージャパクサは、なぜ失脚しなければならなかったのか。めまぐるしく変化した内戦後のスリランカ政治をコンパクトに解説する。
習近平時代の中国経済
No.24
『習近平時代の中国経済』
大西 康雄 著 / 1,512円(本体価格 1,400円) / 2015年7月24日発行 / ISBN978-4-258-30024-2
発足後2年半を経て習近平政権の基盤は安定し、改革・開放を再始動する環境が整ってきた。前政権から継承した短期、中期、長期の諸課題への取り組みを中心に、2022年までの同政権期における中国経済の行方を展望する。
インドの第16次連邦下院選挙
No.23
『インドの第16次連邦下院選挙 ——ナレンドラ・モディ・インド人民党政権の成立——』
近藤 則夫 編 / 2,160円(本体価格 2,000円) / 2015年3月10日発行 / ISBN978-4-258-30023-5
インドでは2014年の総選挙で国民会議派の与党連合が大敗し、ナレンドラ・モディが率いるインド人民党連合が政権に就いた。与党大敗の原因を探り、新政権の行方を展望する。
タイ2011年大洪水
No.22
『タイ2011年大洪水 ——その記録と教訓——』
玉田芳史・星川圭介・船津鶴代 編 / 2,052円(本体価格 1,900円) / 2013年9月27日発行 / ISBN978-4-258-30022-8
タイの2011年洪水は日本にも大きな打撃を与えた。本書はこの自然災害を学際的な観点から概説する。洪水発生の原因や状況、タイの経済や社会への影響などを記録し、タイ政府が進める洪水対策について説明する。
2012年ベネズエラ大統領選挙と地方選挙 
No.21
『2012年ベネズエラ大統領選挙と地方選挙  ——今後の展望——』
坂口 安紀 編 / 1,296円(本体価格 1,200円) / 2013年8月29日発行 / ISBN978-4-258-30021-1
2012年の選挙結果からは、その直後のチャベス大統領死去や後継政権誕生後の展望を占ううえでの重要な情報が読み取れる。2つの選挙後の目まぐるしい情勢変化についても概説する。
習近平政権の中国
No.20
『習近平政権の中国 ——「調和」の次に来るもの——』
大西 康雄 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2013年8月9日発行 / ISBN978-4-258-30019-8
2012年秋の共産党大会、2013年春の全国人民代表大会を経て習近平政権が本格始動した。習政権は、直面する内外の課題を克服して中国を世界第2の大国に押し上げ得るのか。多面的に分析を試みる。
中東地域秩序の行方
No.19
『中東地域秩序の行方 ——「アラブの春」と中東諸国の対外政策——』
土屋 一樹 編 / 1,944円(本体価格 1,800円) / 2013年8月28日発行 / ISBN978-4-258-30020-4
「アラブの春」は中東の地域バランスにどのような変化をもたらすのだろうか。中東9カ国の対外政策と国内統治の動向を検討することで、「アラブの春」以降の中東地域秩序の変動を考える。
馬英九再選
No.18
『馬英九再選 —2012年台湾総統選挙の結果とその影響— 』
小笠原欣幸・佐藤幸人 編 / 1,296円(本体価格 1,200円) / 2012年5月31日発行 / ISBN978-4-258-30018-1
台湾では2012年1月に総統選挙がおこなわれ、国民党の馬英九が民進党の蔡英文を破って再選を果たした。馬の再選はなぜ可能だったのか。台湾と中国の関係を軸に、政党の構造や戦略にも分析を加えながら読み解く。また、この選挙結果は東アジアの国際情勢にいかなる影響を与えるのか。台湾と中国およびアメリカとの関係を中心に展望する。
転換期のベトナム
No.17
『転換期のベトナム —第11回党大会、工業国への新たな選択—』
寺本実 編/グエン・クォック・フン/ 藤田麻衣坂田正三石塚二葉 / 1,836円(本体価格 1,700円) / 2012年2月発行 / ISBN978-4-258-30017-4
近年、中所得国入りを果たし、2020年までに工業国入りを目指すベトナム。現体制下の政権党、ベトナム共産党の第11回党大会が2011年1月に開かれ、政治・経済・外交にわたる今後の基本方針が定められた。同党大会とその前後の状況、文脈を、人事と選択された基本路線、マクロ経済、工業化、農業・農村開発政策、行政改革、社会保障という多角的な観点から読み解く。
ラオス人民革命党第9回大会と今後の発展戦略
No.16
『ラオス人民革命党第9回大会と今後の発展戦略』
山田 紀彦 編 / 1,404円(本体価格 1,300円) / 2012年2月発行 / ISBN978-4-258-30016-7
2011年に行われたラオス人民革命党第9回大会、第7期国会議員選挙、第7期第1回国会という一連の政治イベントを多角的に分析し、今後のラオスを展望する。
朝鮮労働党の権力後継
No.15
『朝鮮労働党の権力後継』
中川 雅彦 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2011年10月発行 / ISBN978-4-258-30015-0
金正日の後継者が継承する朝鮮労働党の政治理念はどのようなものなのかを明らかにするとともに、朝鮮民主主義人民共和国の現実を、国際環境、マクロ経済、党の対外経済政策、貿易・投資状況の諸側面から分析する。
2009年インドネシアの選挙
No.14
『2009年インドネシアの選挙 —ユドヨノ再選の背景と第2期政権の展望—』
本名純 ・ 川村晃一 編 / 1,944円(本体価格 1,800円) / 2010年3月発行 / ISBN978-4-258-30014-3
2009年インドネシアの選挙と第2期ユドヨノ政権を多角的に分析
パキスタン政治の混迷と司法
No.13
『パキスタン政治の混迷と司法 —軍事政権の終焉と民政復活における司法部のプレゼンスをめぐって—』
佐藤 創 編 / 1,188円(本体価格 1,100円) / 2010年3月発行 / ISBN978-4-258-30013-6
パキスタンの政治変動における司法部の役割を分析
アジア・コメ輸出大国と世界食料危機
No.12
『アジア・コメ輸出大国と世界食料危機 —タイ・ベトナム・インドの戦略—』
重冨真一・久保研介・塚田和也 著 / 1,188円(本体価格 1,100円) / 2009年11月発行 / ISBN978-4-258-30012-9
食料危機克服のカギを握るアジア・コメ輸出大国を解剖
朝鮮社会主義経済の現在
No.11
『朝鮮社会主義経済の現在』
中川 雅彦 編 / 1,080円(本体価格 1,000円) / 2009年3月発行 / ISBN978-4-258-30011-2
現地を発信源とした情報を中心に、国家予算・人口・外国投資・国家支援などの状況を分析
アフリカ開発援助の新課題
No.10
『アフリカ開発援助の新課題 :アフリカ開発会議TICADIVと北海道洞爺湖サミット』
吉田 栄一 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-30010-5
TICAD、洞爺湖サミットに向け対アフリカ援助の新課題を解説
中国調和社会への模索
No.9
『中国調和社会への模索 —胡錦濤政権二期目の課題—』
大西 康雄 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2008年発行 / ISBN978-4-258-30009-9
国内政治動向、外交政策、軍の動向、企業改革、外資政策の調整、日中経済関係等を分析。
韓米FTA
No.8
『韓米FTA —韓国対外経済政策の新たな展開—』
奥田 聡 著 / 1,080円(本体価格 1,000円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-30008-2
韓米FTAを契機にFTA政策を積極的に推進する韓国の動きを分析。
返還後香港政治の10年
No.7
『返還後香港政治の10年』
竹内 孝之 著 / 1,080円(本体価格 1,000円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-30007-5
返還後の香港政治と一国二制度を包括的に分析し、その将来像を展望する
アフリカに吹く中国の嵐、アジアの旋風
No.6
『アフリカに吹く中国の嵐、アジアの旋風 ─途上国間競争にさらされる地域産業─』
吉田 栄一 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-30006-8
途上国地域との競争にさらされるアフリカの地域産業を国別に考察
日本のジェネリック医薬品市場とインド・中国の製薬産業
No.5
『日本のジェネリック医薬品市場とインド・中国の製薬産業』
久保 研介 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-30005-1
品切れ   再版予定はございません
大メコン圏経済協力
No.4
『大メコン圏経済協力 ─実現する3つの経済回廊─』
石田正美工藤年博 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2007年発行 / ISBN978-4-258-30004-4
品切れ   再版予定はございません
2010年に向けたベトナムの発展戦略
No.3
『2010年に向けたベトナムの発展戦略 —WTO時代の新たな挑戦—』
坂田 正三 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2006年発行 / ISBN4-258-30003-9
WTO加盟を控えたベトナムの新たな政治・経済の動きを追う。第10回党大会決議、投資法・企業法、WTO加盟交渉経緯、ODAの動きなど、ベトナムの中期的な発展を展望する上で重要なイシューを概説。
アメリカ・ブッシュ政権と揺れる中東
No.2
『アメリカ・ブッシュ政権と揺れる中東』
福田 安志 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2006年発行 / ISBN4-258-30002-0
ブッシュ政権によるイラク戦争は中東地域に何をもたらしたのだろうか。混乱が続き不安定な中東地域の情勢と、アメリカの対中東政策およびその背景を専門家が分析した。
中国 胡錦濤政権の挑戦
No.1
『中国 胡錦濤政権の挑戦 -第11次5カ年長期計画と持続可能な発展-』
大西 康雄 編 / 1,620円(本体価格 1,500円) / 2006年2月発行 / ISBN4-258-30001-2
胡錦濤政権は、社会的安定と持続的高成長の両立という難題に挑もうとしている。その行方について第11次5カ年長期計画の主要課題を分析しつつ展望する。