skip to contents.

中東地域秩序の行方  ——「アラブの春」と中東諸国の対外政策——

情勢分析レポート

No.19

「アラブの春」は中東の地域バランスにどのような変化をもたらすのだろうか。中東9カ国の対外政策と国内統治の動向を検討することで、「アラブの春」以降の中東地域秩序の変動を考える。


情勢分析レポート 中東地域秩序の行方 ■ 中東地域秩序の行方 ——「アラブの春」と中東諸国の対外政策——
土屋 一樹  編
■ 1,944円(本体価格 1,800円)
■ A5判
■ 2013年8月28日発行
■ ISBN978-4-258-30020-4
オンライン購入

CONTENTS

序章 地域秩序と「アラブの春」 / 土屋一樹
はじめに
第1節 中東諸国の人口と経済規模
第2節 中東地域秩序の変動
第3節 本書の概要
おわりに

第1章 エジプトの対外政策と地域秩序 / 土屋一樹
はじめに
第1節 ナーセル政権からムバーラク政権まで
第2節 1.25革命後の国内情勢
第3節 ムルシー政権の対外政策
第4節 新生エジプトと地域秩序 ——「アラブの春」のインパクト——
おわりに
付記

第2章 「アラブの春」をめぐるトルコの対外政策 ——経済・安全保障環境の変化と中東地域秩序の今後—— / 岩坂将充
はじめに
第1節 トルコの対中東政策
第2節 「アラブの春」前のエルドアン政権と対中東政策
第3節 「アラブの春」後の変化とその方向性
おわりに
付記

第3章 「アラブの春」への対応にみるイラン対外政策の現状 / 坂梨 祥
はじめに
第1節 イランにとっての「アラブの春」
第2節 「アラブの春」へのイランの対応
第3節 イランの取り組みへの制約
おわりに
付記

第4章 カタル外交の戦略的可能性と脆弱性 ——「アラブの春」における外交政策を事例に—— / 堀拔功二
はじめに
第1節 カタル外交の特徴
第2節 「アラブの春」とカタル外交
おわりに
付記

第5章 アラブ首長国連邦の対北アフリカ経済協力の変化 / 齋藤 純
はじめに
第1節 UAEにおける「アラブの春」
第2節 湾岸アラブ諸国の北アフリカ経済協力
第3節 湾岸アラブ諸国の経済援助の現状
第4節 UAEの経済協力の変化
第5節 考察 ——UAEの北アフリカ経済協力の意義と地域秩序への影響——
おわりに

第6章 サウジアラビアの穏健イスラームへの転換と地域秩序における役割 / 辻上奈美江
はじめに
第1節 サウジアラビア版「アラブの春」と政府の反応
第2節 女性の自動車運転解禁運動へ
第3節 穏健イスラームに向けた宗教界改革
第4節 女性を対象とした改革と身体の管理
第5節 穏健イスラームへの転換と「アラブの春」後の地域秩序

第7章 綱渡りの暫定政権 ——イエメン—— / 佐藤 寛
はじめに
第1節 国民対話準備の遅れ
第2節 引き続く治安攪乱三重苦
第3節 移行プロセスの阻害要因と周辺国、アメリカ、国連の役割
第4節 自立への動き
第5節 アラビア半島の国際関係と今後の展望

第8章 湾岸アラブ諸国における国民と移民 ——国籍に基づく分業体制と権威主義体制—— / 松尾昌樹
はじめに
第1節 分析課題の抽出
第2節 検証 ——分業体制と移民の役割——
第3節 議論 ——国籍別分業体制と権威主義体制の柔靱性——
結論

あとがき

索引

執筆者紹介