skip to contents.

台湾ハイテク産業の生成と発展  

アジア経済研究所叢書

3

台湾の経済発展を牽引してきたパソコン産業および半導体産業は,どのように生成し,発展してきたのか.既存の研究では十分に捉えられてこなかった「技術者」という個人を分析の中心に据え,産業発展のメカニズムを描き出す.個人の意思や選択,個人間の協調や摩擦といった要素が,発展の経路に及ぼす影響を明らかにする.


アジア経済研究所叢書 台湾ハイテク産業の生成と発展 ■ 台湾ハイテク産業の生成と発展
佐藤 幸人  著
■ 4,752円(本体価格 4,400円)
■ A5判
■ 308pp.
■ 2007年3月発行
■ ISBN978-4-00-009972-1
購入 オンライン購入

CONTENTS

年表

序章 分析アプローチと課題の設定
    第1節 電子産業の発展とその不連続性
    第2節 構造主義と合理主義への批判と代替的アプローチ —分析アプローチの基層
    第3節 個人という行為主体と産業の生成と発展のメカニズム —分析アプローチの第2層
    第4節 台湾の経済発展とハイテク産業に関する先行研究の批判的検討
    第5節 本書の課題と構成

第1章 技術者から企業家へ —台湾ハイテク産業の起源—
    第1節 1960年代及び70年代の電機電子産業の発展と理工系高等教育の発達
    第2節 草創期の電子メーカーとそれを創業した技術者たち
    第3節 挫折から2つのメカニズムへ

第2章 国家の挑戦 —パイロットプラント計画の策定—
    第1節 半導体産業の分析の構想と本章の課題
    第2節 プロジェクトの企画と実施(1) —蔣経国の指示から電子工業研究開発センターの設立まで
    第3節 プロジェクトの企画と実施(2) —目的の明確化,技術の導入先の選定
    第4節 プロジェクトの企画と実施(3) —国家内部の摩擦
    第5節 国家の意思と能力(1) —蔣経国と孫運璿
    第6節 国家の意思と能力(2) —国家の知恵袋たち
    第7節 1970年代台湾の国家

第3章 技術者たちの挑戦 —パイロットプラント計画の実施—
    第1節 胡定華の役割とそのバックグラウンド
    第2節 RCA社に赴き研修を受けた技術者たちのバックグラウンド
    第3節 技術者たちの高い意欲の源泉
    第4節 プロジェクトへの取り組み,プロジェクトからの学習
    第5節 技術者指導の企業化計画の立案
    第6節 パイロットプラント計画における国家と技術者のパートナーシップ

第4章 企業化への挑戦 —聯華電子の設立と発展—
    第1節 聯華電子の設立
    第2節 聯華電子の経営の自立と革新
    第3節 技術者から企業家への転身はなぜ可能だったのか?
    第4節 国家と技術者のパートナーシップの解体の始まり

第5章 分業体制の形成 —VLSI計画とTSMCの設立—
    第1節 ファウンドリーと分業体制
    第2節 VLSI計画におけるASIC路線とその問題
    第3節 ファウンドリー専業モデルの形成
    第4節 VLSI計画の策定とTSMC設立のメカニズム
    第5節 分業体制の進化
    第6節 国家と技術者のパートナーシップの役割と限界

第6章 有効性を失った国家と技術者のパートナーシップ —サブミクロン計画と世界先進のスピンオフ—
    第1節 1990年代の3つの国家プロジェクト
    第2節 世界先進の挫折
    第3節 スピンオフをめぐる経済部及び工研院と民間企業の摩擦
    第4節 国家と技術者のパートナーシップの有効性の喪失

第7章 パソコン産業研究序説 —産業の構造,企業の盛衰,分析の視角—
    第1節 パソコン産業の構造
    第2節 パソコン企業の盛衰
    第3節 斬新的な発展メカニズムと5つの企業類型

第8章 エイサーと施振栄 —台湾ドリームの達成,自社ブランド路線の苦闘—
    第1節 台湾ドリームへの途
    第2節 微笑み曲線と自社ブランド路線
    第3節 3度の再編
    第4節 自社ブランド路線は,何故,行き詰まったのか?
    第5節 再編後の自社ブランド路線

第9章 パソコン産業の漸新的かつ多様な発展 —創業と発展の5つの類型—
    第1節 パソコン産業の黎明期に創業された企業 —苗豊強と神通グループ,簡明仁と大衆コンピュータ
    第2節 電卓からノートブック型パソコンへ —林百里と広達コンピュータ
    第3節 部品メーカーから台湾系EMSへ —鄭崇華と台達電子工業,郭台銘と鴻海精密工業
    第4節 産業の成長の中で生まれた創業と発展の機会 —童子賢と華碩コンピュータ
    第5節 俸給経営者としての発展 —温生台と源興科技,李焜燿と明基電通
    第6節 台湾パソコン産業の生成と発展のメカニズム

終章 産業の生成と発展 —台湾ハイテク産業の経験とインプリケーション—
    第1節 台湾ハイテク産業はどのように生成され,発展したのか
    第2節 インプリケーション

あとがき

インタヴュー・リスト

参考文献

索引