skip to contents.

太平洋文明航海記  ——キャプテン・クックから米中の制海権をめぐる争いまで——

他社で出版した研究成果

明石書店

ウィリアム・シェイクスピアによれば、「世界は劇場」である。奇しくも、彼の劇が初演された劇場をグローブ座(The Globe)という。
私はこれから、シェイクスピアの顰みに倣って、キャプテン・クックの大航海から21世紀の現在に至るまでの二百数十年にわたる太平洋のグローバル化の劇を描いてゆこう。
今、初めて太平洋が世界史の中に入るのだ!


他社で出版した研究成果 太平洋文明航海記 ■ 太平洋文明航海記 ——キャプテン・クックから米中の制海権をめぐる争いまで——
塩田 光喜  著
■ 2,376円(本体価格 2,200円)
■ 193pp.
■ 2014発行
■ ISBN978-4-7503-3992-4
購入 オンライン購入

CONTENTS

はじめに

第1章 19世紀グローバリゼーション
  1851年、第1回ロンドン万博
  伝書鳩から電信へ

第2章 太平洋大航海時代
  世界最初の太平洋横断およびガレオン交易
  ヴィーナスの島々へ
  島々の王国統一とアルコールのグローバリゼーション
  性の商品化と疾病のグローバリゼーション

第3章 グローバリゼーション、太平洋へ
  鉄製蒸気艦と極東のグローバリゼーション
  1849年、カリフォルニア、ゴールド・ラッシュ
  海の経済から陸の経済へ
  ホエール・ラッシュから、ランド・ラッシュへ
  ワイタンギ条約、アヘン戦争、タヒチ属国化
  フィジーでピアノを
  領事外交と砲艦外交

第4章 海のグローバリゼーション
  アメリカ大陸横断鉄道とスエズ運河
  白人の死病マラリアとキニーネの登場
  白檀ラッシュとメラネシア
  ジョン・ウィリアムズの「殉教」と交易の開花
  ブラックバーディングとピジン・イングリッシュの誕生
  仏独の太平洋進出と蒸気船の貯炭港

第5章 帝国の時代
  「帝国の時代」と植民地化の急展開
  極東へ!
  植民地の空間(1)——ドイツ領ニューギニア
  植民地の空間(2)——イギリス領パプア
  キャップ!——オーストラリア統治の最前線

第6章 タイム・ビロング・マスター(御主人様の時代)
  エディー・クリーク——ラッキー・ストライクとゴールド・ラッシュ
  20世紀に突入するニューギニア
  踏み分け道と滑走路
  グローバル化前線のニューギニアと太平洋戦争

第7章 太平洋戦争と戦後太平洋空間の変貌
  日本の挑戦とアングロサクソンの反撃
  朝鮮戦争と日米安保とアンザス体制
  タイム・ビロング・マスターの終焉

第8章 太平洋島嶼国独立の光と影
  マイクロ・ステートと資源収奪
  戦士共同体と巨大多国籍企業
  マイクロ・ステートとMIRAB経済
  MIRAB経済の光と影
  主権ビジネスとグローバリゼーション
  タックス・ヘイヴンとグローバル資本主義の闇

第9章 シー・パワー・21——米中の時代
  中国の南進とアメリカの太平洋回帰
  21世紀のシー・パワーをめぐって——米中の衝突軌道

Appendix 浮上せよ!太平洋島嶼諸国——海洋の「陸地化」と太平洋諸島フォーラムの21世紀
  三つの太平洋——ポリネシア・メラネシア・ミクロネシア
  20世紀太平洋の植民地化と独立——太平洋フォーラムへ
  MIRAB経済——太平洋島嶼諸国の存立基盤
  メラネシア急先鋒グループ——自立への胎動
  中国の南進——貿易・ビジネス・援助
  フィジー対サモア——太平洋諸島フォーラムの政治的攻防
  藩基文のフォーラム参加——地球温暖化と気候変動
  アメリカの太平洋回帰と中国の資源外交
  海洋の「陸地化」と第40回太平洋諸島フォーラムの意義

おわりに
「おわりに」のあとに
参考文献