skip to contents.

アフガニスタン国家再建への展望  —国家統合をめぐる諸問題—

他社で出版した研究成果

明石書店

ターリバーン政権崩壊後,国際的な援助を受けつつ国家再建を推進してきたアフガニスタン。しかし実質的な国家統合へのプロセスはまだその端緒についたに過ぎない。本書ではこれまでの過程を辿りつつ,宗教・民族・軍閥等克服せねばならない諸課題を検討する。


他社で出版した研究成果 アフガニスタン国家再建への展望 ■ アフガニスタン国家再建への展望 —国家統合をめぐる諸問題—
鈴木 均  編
■ 4,320円(本体価格 4,000円)
■ 四六判
■ 328pp.
■ 2007年5月発行
■ ISBN978-4-7503-2549-1
購入 オンライン購入

Contents

まえがき(鈴木 均)
第1部 国家形成過程と国家の正当性
 第一章 アフガニスタンの国家統合をめぐる諸問題(鈴木 均)
  ——憲法、ロヤ・ジルガ、教育
 第二章 アフガニスタンにおける立憲政体の継起とイスラーム教(池内 恵)
 第三章 二〇〇四年一〇月大統領選挙をめぐる政治過程(柴田和重)
 第四章 アフガニスタン国家経済の再建(大西 圓)
第2部 国内勢力・周辺国が統合に与える影響
 第五章 アフガニスタンにおける国民統合の課題(清水 学)
 第六章 アフガニスタンにおける軍閥と中央集権(山根 聡)
 第七章 アフガニスタンにおける周縁民族の統合過程(窪田朋子)
  ——ハザーラ人を事例に
 第八章 アフガニスタン情勢の展開とパキスタン(深町宏樹)