skip to contents.

東北アジア地域における経済の構造変化と人口変動  

他社で出版した研究成果

明石書店

飢饉による人口喪失,労働市場の急激な変化,都市化率の低下…90年代以降,東北アジア地域の国々に起きた人口変動の諸現象。東北アジア地域に,80年代に較べ,90年代以降,急激な変動がおそっている要因とは何か。それらの共通項は何かをさぐる共同研究。


他社で出版した研究成果 東北アジア地域における経済の構造変化と人口変動 ■ 東北アジア地域における経済の構造変化と人口変動
■ 平泉 秀樹  編
■ 5,400円(本体価格 5,000円)
■ A5判
■ 296pp.
■ 2006年9月発行
■ ISBN4-7503-2400-0
購入 オンライン購入

目 次

まえがき
序章 近年の東北アジア地域における経済の構造変化と人口変動(平泉秀樹)
第1章 朝鮮民主主義人民共和国における経済改革と人口飢饉の克服(文 浩一)
第2章 成熟に向かう韓国の経済と人口(鈴木 透・奥田 聡)
第3章 移行過程におけるモンゴルの経済と人口の変動(駿河輝和)
第4章 改革・開放政策下の中国東北地方(早瀬保子)
第5章 「市場化」過程におけるロシア極東地域の経済の構造変化と人口変動(平泉秀樹)
第6章 人口と経済:経済人口学の諸問題(鈴木 透)
索引