skip to contents.

第1巻 地域研究論  

地域研究シリーズ

No.1

地域とはなにか/アジア認識と地域研究/地域研究の今日的課題を探る。


地域研究シリーズ 第1巻 地域研究論 ■ 第1巻 地域研究論
■ 山口博一  著
■ 2,160円(本体価格 2,000円)
■ A5判
■ 172pp.
■ 1991年発行
オンライン購入

CONTENTS

表紙・目次等 pdf

はじめに pdf

第I部 地域研究の目的と方法 pdf
第1章 「地域」の諸概念
 第1節 四つの地域概念  
 第2節 大きな地域の単位

第2章 地域研究
 第1節 地域研究および地域研究者の要件  
 第2節 地域研究とコミュニティの扱い  
 第3節 共同研究と学際性  
 第4節 地域研究者とジェネラリスト
 第5節 地域研究と歴史研究

第II部 地域研究と社会科学 pdf
第3章 「先進」と「発展途上」の概念
 第1節 先進・発展途上概念の固定化  
 第2節 産業革命と帝国主義  
 第3節 各植民地帝国の認識の仕方  
 第4節 「ヨーロッパ」と「アジア」

第4章 アジア停滞性論と近代化論
 第1節 脱亜論と興亜論
 第2節 橘樸と矢内原忠雄  
 第3節 「中国統一化」論争  
 第4節 戦前戦中におけるアジア研究の帰結
 第5節 近代化論とその問題点

第III部 地域研究の当面の課題 pdf
第5章 途上国開発の現状と「代替的な発展」の道  
 第1節 近年における環境問題の噴出  
 第2節 懸案の整理  
 第3節 「代替的な発展」の方向

第6章 NIEs的な発展と「代替的な発展」
 第1節 開発独裁と民主化  
 第2節 途上国の軍事化の傾向  
 第3節 NIEsの発展の評価をめぐって
 第4節 西太平洋経済圏論に含まれる諸問題

あとがき pdf