skip to contents.

転換期のマレーシア経済  

ASEAN等現地研究シリーズ

No.13


ASEAN等現地研究シリーズ 転換期のマレーシア経済 ■ 転換期のマレーシア経済
■ 横山 久, モクタール・タミン  編
■ B5判
■ 205pp.
■ 1992年発行
■ ISBN4-258-20013-9
オンライン購入

CONTENTS

表紙・目次 pdf

まえがき pdf

第1章 1980年代の構造変化 pdf/ 横山 久
はじめに
1. 独立以降の構造変化
2. 需要面での構造変化
3. 生産における構造変化
 1.生産の弾力性
 2.限界生産物
むすび

第2章 転換期の農業:開発に関する諸問題 / Mokhtar Tamin
はじめに
1. 民営プランテーションの開発
2. 小規模自作農部門における生産性の伸び率
 1.米作部門
 2.天然ゴムの小規模自作農部門
 3.産出量と生産性
3. 生産コスト
4. 労働需給の逼迫
5. 構造変化に伴う諸問題

第3章 産業連関の構造的変化(1971-88年) / Abdul Aziz Abdul Rahman
はじめに
1. 方法論
2. データ
3. 計算結果の説明
 1.前方連関
 2.後方連関
 3.重要部門
4. 開発政策とのかかわり合い
5. 重要部門育成の戦略
 1.食品加工
 2.植物油脂
 3.木材・紙製品
 4.繊維と衣料品
 5.その他の製造業
むすび

第4章 変わりゆく外国直接投資の役割 / Mohamed Ariff
はじめに
1. 構造的変化
2. FDIの輪郭
3. 新しい波
4. 最近の展開
5. 政策面での考慮
むすび

第5章 民営化:マレーシアの場合 / Jaafar Ahmad
はじめに
1. マレーシアにおける民営化の背景
2. 民営化の合理性
 1.目的
 2.民営化の位置づけと形態
 3.民営化へのアプローチ
 4.民営化の可能性企業とプロジェクト
3. 実行上の制約
 1.運営機関および手続き
 2.民営化の開始
4. 民営化の影響
 1.能率に対する影響
 2.財務に対する影響
 3.雇用への影響
 4.市場競争増大としての影響
5. 未解決の問題
 1.民営化基本計画
 2.実施計画について
むすび

第6章 マレーシアの金融システム:商業銀行と資本市場
はじめに
1. 商業銀行
 1.金融と銀行システム
 2.商業銀行の実態
 3.規制とガイドライン
 4.資金調達運用
2. 資本市場
 1.株式市場
 2.企業金融
 3.取引および生産と決済のメカニズム
 4.税金
 5.組織と管理
 6.法律および規制の枠組み
 7.規制機関
 8.最近の展開と政策
 9.KLSE主導の改革
 10.政府主導の改革
 11.国際の市場
 12.金融システムの不均衡と諸問題
 13.MGSの利回りを市場に連動させる必要性
 14.その他の資本市場
 15.住宅抵当証券の流通市場
3. 金融政策の評価と諸問題

付章 銀行制度における預金の形態 pdf
1. 預金形態
2. 融資業務