文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

国際シンポジウム

中東地域秩序の将来——脆弱国家・破綻国家を組み込む新たな秩序は構築できるのか——

2011年の「アラブの春」における「民主化」の勝利から6年を経て、中東地域における地域秩序は混迷の度を深めています。「アラブの春」以前には、秩序維持を優先するため権威主義国家をある程度許容するという域外超大国と域内地域大国の了解が存在しましたが、権威主義を許容しない「下からの民主化」が中東の地域秩序を不安定化させたとみることもできます。

そうした中で地域外大国としてのアメリカに登場するトランプ新政権は、いかなる関与(あるいは不関与)の政策をとるのか、地域内外の多くの勢力が注目しています。

今日の中東の混迷は、一義的には地域内各国の領域支配の脆弱化に求めることができますが、混乱に拍車をかけているのが域外超大国と域内大国の対応です。アメリカのイランとの核合意(2015年7月)、シリア内戦におけるクルド勢力の支援は、伝統的にアメリカの同盟国であった域内大国サウジアラビアとトルコの不信を買いました。一方、域内大国は自国の安全保障と体制維持を最優先するあまり、中東地域全体の安定に誰もイニシアチブを取ることができず、地域秩序の回復が一向に見られない状況となっています。

本シンポジウムでは、無秩序化した中東の現状を整理するとともに、トランプ政権が誕生するアメリカとの関係を軸に、域内大国として中東で影響力を高めるトルコ、アメリカとの核合意を契機に国際社会への復帰をうかがうイラン、破綻国家の淵にあるイラクを取り上げ、今後の中東地域秩序の行方を占います。

皆様のご参加をお待ちしています。

開催日時

2017年1月16日 (月曜) 14時00分~17時00分 (開場13時30分)

会場

ジェトロ本部5階展示場
(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル5階)
最寄り駅:東京メトロ 南北線六本木一丁目駅・銀座線溜池山王駅・日比谷線神谷町駅

プログラム

(予定)

14:00~14:05 開会挨拶
14:05~14:10 シンポジウム趣旨説明
佐藤寛(ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター 上席主任調査研究員)
14:10~14:45 講演1:"From Soft to Hard Power Politics: Turkey in the Middle East"
Dr. Güneş Murat Tezcür (Professor, Univ. of Central Florida)
14:45~15:20 講演2:"The Future of Iraq"
Dr. Zeynep N Kaya (Research Fellow, LSE Middle East Center)
15:20~15:35 休憩
15:35~16:10 講演3:「中東秩序に与えるイランのインパクト(仮)」
鈴木均(ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター 上席主任調査研究員)
16:10~17:00 パネルディスカッション
モデレーター
佐藤寛
パネリスト
Dr. Güneş Murat Tezcür
Dr. Zeynep N Kaya
鈴木均
今井宏平(ジェトロ・アジア経済研究所地域研究センター中東研究グループ)
使用言語

日本語、英語(日英同時通訳)

主催

ジェトロ・アジア経済研究所

参加費

無料

※ 取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますのでご了承ください。

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課
Tel: 043-299-9536 Fax: 043-299-9722
E-mail:seminar E-mail