skip to contents.

イベント・セミナー情報

国際シンポジウム

21世紀の経済発展における政府の役割とは?

>>開催報告

開発における国家と市場の関係という開発論年来の課題が、今世紀に入ってから新たな意味合いを帯びるようになっています。たとえば、韓国の官民をあげた積極的な経済外交が注目を集めており、一方日本政府は「新成長戦略」においてインフラのシステム輸出促進を掲げ、FTAやTPPに関する議論も盛んです。これらの議論は対開発途上国政策とも深く関係しています。

本シンポジウムでは、一昨年ミュルダール賞を受賞したロンドン大学のファイン教授に「開発主義国家」論の観点から経済開発における政府の役割についてご講演いただき、世界銀行のアダムズ氏には世界銀行の見解を披瀝いただきます。

パネルディスカッションにおいては、韓国の対外経済政策研究院からチェ院長をお呼びしイミョンバク政権の経済外交について、また、「新成長戦略」のもとになった「産業構造ビジョン2010」の作成に携わった経済産業省の柳瀬大臣官房総務課長からは、新しい官民連携のあり方についてお話しいただきます。

これからの日本の開発支援はどうあるべきか、それはどのように日本の経済成長再開につながっていくのか——この重大な課題を戦略的視点から論じようというのが本シンポジウムの狙いです。

皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時
2011年2月16日 (水曜) 13時00分~17時00分(開場12時~)

会場
グランドプリンスホテル赤坂 「五色」2階 「五色の間」
(東京都千代田区紀尾井町1-2)
最寄り駅:東京メトロ・赤坂見附駅(丸の内線、銀座線)・永田町駅(南北線、半蔵門線、有楽町線)

プログラム
13時00分 開会挨拶 林康夫(ジェトロ理事長) 
杉浦信之(朝日新聞社ゼネラルマネジャー兼東京本社報道局長)
谷口和繁(世界銀行駐日特別代表)
13時15分 基調講演1 「21世紀の国家と開発主義」 ベン・ファイン
(ロンドン大学東洋アフリカ学院教授)
主な著書:
From Political Economy to Economics (2009)
2009 年グンナー・ミュルダール賞受賞
From Economics Imperialism to Freakonomics (2009)
2009 年ドイッチャー記念賞受賞
14時00分 基調講演2 「世界銀行と開発パートナー:
東アジアにおける貧困削減と持続可能な成長」
ジム・アダムズ
(世界銀行東アジア・大洋州地域担当副総裁)
経歴:
タンザニア/ウガンダ担当国別局長、人的資源開発業務政策局長、世界銀行ネットワーク・業務政策・国別サービス責任者兼副総裁等を経て現職
14時45分 パネルディスカッション
モデレーター 白石隆(ジェトロ・アジア経済研究所 所長 )
報告1
報告2
報告3
チェ・ウック(韓国対外経済政策研究院院長)
平野克己(ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター長)
柳瀬唯夫(経済産業省大臣官房総務課長)
パネリスト チェ・ウック(韓国対外経済政策研究院院長)
平野克己(ジェトロ・アジア経済研究所 地域研究センター長)
柳瀬唯夫(経済産業省大臣官房総務課長)
ベン・ファイン(ロンドン大学東洋アフリカ学院教授)
谷口和繁(世界銀行駐日特別代表)
16時45分 総括・挨拶 白石隆(ジェトロ・アジア経済研究所 所長 )
17時00分 閉会

使用言語
日本語、英語(日英同時通訳あり)

主催
ジェトロ・アジア経済研究所、朝日新聞社、世界銀行

参加費
一般 3,000円
アジ研賛助会法人会員・個人会員ジェトロメンバーズ農水産情報研究会中国経済情報研究会含む)  2,000円
学生 1,000円

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課(担当:小林、根本)
Tel:043-299-9536 FAX:043-299-9726
E-mail:sympo-sc
E-mail