文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

開発スクール(IDEAS)

IDEAS特別集中講座「開発とビジネス:途上国現地の視点から企業戦略を描く」

ミレニアム開発目標や、それを引き継いだ持続可能な開発目標(SDGs)は、国際社会の共通目標であると同時に、企業にも社会的責任を果たし、公益に貢献することを求めています。これは企業にとって、責任を負わなければいけないリスクを意味すると共に、この責任を果たせば、国際社会にアピールできる展望が広がっていることを意味しています。いくつかの日本企業が既に、国際開発のために有効で、かつ企業価値を国際的にアピールできる事業を展開しています。

アジア経済研究所は1960年から今日まで、開発途上国の現地目線で研究をしてきました。1990年には開発スクール(IDEAS)を設立し、毎年アジアやアフリカの経済・貿易・投資・金融に関する行政官に、研修を行ってきました(今年度の招聘国・政府機関については、別表を参照)。このたび開発スクールが、研修の範囲を企業の皆様にも拡大し、アジア・アフリカの研修生と学び合う機会を提供します。参加者それぞれが自身の戦略課題を持ち寄り、その課題を途上国現地の視点から検討することによって、研修終了時に、一つの答えを生み出します。

参加者は3日間、千葉の幕張で集中的に研修を受け、アジア・アフリカ研修生との対話からも市場開拓への含意を引き出すことができます。当研究所が幕張近郊(JR蘇我駅至近)に2泊分のホテルを用意します(ただし、希望者のみ)。

開催日時

2017年1月25日(水曜)~1月27日 (金曜) 9:15~17:00

会場
プログラム
  1. 国際開発、産業振興、企業戦略等に関する講義
  2. 開発途上国におけるビジネス計画についての立案・分析・発表
  3. IDEAS外国人研修生の研究発表への参加
1月25日(水曜)
午前
9:15~10:45 ゼミ1
佐藤 寛(塾頭 ジェトロ・アジア経済研究所 上席主任調査研究員:ゼミナール担当)
山形 辰史(塾僕 ジェトロ・アジア経済研究所 開発スクール事務局長・教授:ゼミナール担当)
  • 研修の趣旨説明
  • 参加者の関心のシェア
11:00~12:00 JETROの対外ビジネス支援
午後
13:30~15:00 外国人研修生による、各国産業発展研究の発表
川上 桃子(ジェトロ・アジア経済研究所 新領域研究センター技術革新・成長研究グループ長)
佐藤 寛
山形 辰史
15:30~17:00
1月26日(木曜)
午前
9:15~10:45 ゼミ2
佐藤 寛
山形 辰史
18人の外国人研修生のプレゼンから、自分の事例とする国・産業を選択
11:00~12:00 講義1
佐藤 寛
Base of Pyramid
午後
13:30~15:00 講義2
深町 英樹 氏(株式会社オリナス・パートナーズ 共同代表)
途上国におけるビジネスの実際(そのI):バングラデシュ事業のケース体験と、事業の作り方
15:30~17:00 講義3
代島 裕世 氏(サラヤ株式会社 取締役 コミュニケーション本部本部長)
途上国におけるビジネスの実際(そのII):サラヤの生物多様性保全の取り組み[ボルネオ]と途上国の衛生への貢献[ウガンダ]
1月27日(金曜)
午前
9:15~10:45 ゼミ3
佐藤 寛
山形 辰史
  • プレゼン事前発表
  • プレゼン指導
  • プレゼン内容修正
11:00~12:00
午後
13:30~15:00 研修参加者によるビジネス計画発表会
15:30~17:00

1月25日(水曜)の研修後には、IDEAS外国人・日本人研修生とのレセプションを予定しています。

参加費

7万円(宿泊費[2泊分]を含む。宿泊を希望しない場合の参加費は5万6千円。)

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 開発スクール事務局
Tel:043-299-9562
FAX:043-299-9728
E-mail:goideas E-mail

個人情報の取扱について

募集に際して提出していただいた書類は、ジェトロ個人情報保護規程に則り厳重に管理し、本プログラム以外の用途に使用することはありません。また、これらの個人情報を、正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与を行うことは一切ありません。
個人情報保護管理責任者 国際交流・研修室主幹 Tel. 043-299-9562