文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

The Dynamics of JGBs' Nominal Yields

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2018年12月3日(月曜)10時30分~12時00分

会場

要旨

This paper employs a Keynesian perspective to explain why Japanese government bonds' (JGBs) nominal yields have been low for more than two decades. It deploys several vector error correction (VEC) models to estimate long-term government bond yields. It shows that the low short-term interest rate, induced by the Bank of Japan's (BoJ) accommodative monetary policy, is mainly responsible for keeping long-term JGBs' nominal yields exceptionally low for a protracted period. The results also demonstrate that higher government debt and deficit ratios do not exert upward pressure on JGBs' nominal yields. These findings are relevant to ongoing policy debates in Japan and other advanced countries about government bond yields, fiscal sustainability, fiscal policy, functional finance, monetary policy, and financial stability.

講師

Dr. Tanweer Akram (Thrivent)

司会

使用言語

英語