文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

The Violent Consequences of Trade-Induced Worker Displacement in Mexico

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
――参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。――
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2018年3月23日(金曜)15時00分~16時30分

会場

要旨

Mexican manufacturing job loss induced by competition with China increases cocaine trafficking and violence, particularly in municipalities with transnational criminal organizations. When it becomes more lucrative to traffic drugs because changes in local labor markets lower the opportunity cost of criminal employment, criminal organizations plausibly fight to gain control. The evidence supports a Becker-style model in which the elasticity between legitimate and criminal employment is particularly high where criminal organizations lower illicit job search costs, where the drug trade implies higher pecuniary returns to violent crime, and where unemployment disproportionately affects low-skilled men.

講師

Kensuke Teshima (Instituto Tecnológico Autónomo de México (ITAM))

司会

使用言語

英語