文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

A Review of the Literature on Productivity Impacts of Global Value Cains and Foreign Direct Investment: Towards an Integrated Approach

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2017年8月31日 (木曜) 12時30分~14時00分

会場

要旨

Although information spillovers from internationally dispersed activities of multinational enterprises (MNEs) in developing countries are subjects of the literature on foreign direct investment (FDI) and global value chain (GVC), FDI and GVC studies are carried out independently and separately. While GVC studies are largely descriptive and conceptual, FDI studies are quantitative with focus on the impact of FDI on productivity of local enterprises in developing countries. However, a review of the literature on GVC and FDI studies shows that the two strands of studies are commonly interested not only in spillovers of technological and managerial knowledge but also in absorptive capacity of domestic firms and backward linkages between foreign firms and domestic firms. Therefore, this study argues that there is large room for empirical research to make new contributions to the literature on the impacts of FDI on industrial development in developing courtiers by incorporating the insightful perspective of GVC approach into empirically rigorous FDI studies.

講師

大塚 啓二郎

村上 善道(神戸大学)

司会

使用言語

英語