文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

A New Method of Inter-Regional Input-Output Analysis under Modern Economic Frameworks: Isard Revisited

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しております。

研究所内外における研究者の方の研究成果、研究活動の中間発表を行っていただくほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」とお伝え頂き、開催場所まで直接お越し下さい。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得て頂きますよう、お願い申し上げます。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもございます。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認頂きましてからお出かけください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2017年7月21日 (金曜) 14時00分~15時30分

会場

要 旨

This study suggests a method of input-output analysis originated from NEG models, or spatial general equilibrium models with Dixit-Stiglitz type monopolistic competition, considering generalized input-output structure among multiple industries. When we use a linearly approximated model based on a comparative statics analysis around an interior equilibrium of the original model, an inter-regional input-output table and several information of elasticity of substitution of each industry are sufficient for forecasting the effects of changes in exogenous variables such as population, transportation cost and production technology. Specifically, when we consider effects in the short-run in which firms can neither exit nor entry, our method is equivalent to the Isard (1951)’s inter-regional input-output model. However, under the setting that firms can exit and entry freely, our analysis yields a different result.

講師

Ryo Ito
(Associate Professor, Graduate School of Information Sciences, Tohoku University (Japan))

司会

使用言語

日本語