文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Exclusion, Polarization, and Coup Vulnerability: An Institutional Approach

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外における研究者が研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越しください。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
E-mail:APLE-mail

開催日時

2017年7月13日 (木曜) 14時30分~16時00分

会場

要旨

This presentation provides an integrated approach to the institutional analysis of coups. Instead of focusing on the nominal differences between different political institutions, it examines the variations in the constraints on decision making authority and analyzes how concentration of decision making authority affects countries’ coup propensities. When decision making authority is concentrated in a single political force under major political polarization, the excluded groups seek to topple incumbents to prevent or reverse policies that adversely affect them. When decision making authority is extremely fractionalized, the inability of political systems to reach agreements may also invite military interventions. In contrast, in societies that do not face major political divisions, political constraints have little effect on their coup risks. Finally, where power is neither too concentrated nor too fragmented, the political system maintains a degree of flexibility to accommodate participation by oppositions without generating permanent crises of governability. The empirical tests using global coup data support the argument.

講師

Taeko Hiroi (The University of Texas at El Paso)

司会

使用言語

英語