文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Shopping externalities and retail concentration:Evidence from Dutch shopping streets

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しています。

研究所内外の研究者の研究成果、研究活動の中間発表を行うほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。 ——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」と伝え、開催場所まで直接お越し下さい。—— セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得てください。 なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもあります。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認ください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
今井 宏平 E-mail:kohei_imaiE-mail
粒良 麻知子 E-mail:Machiko_TsuburaE-mail

開催日時

2017年5月11日 (金曜) 12時30分~13時00分

会場

要 旨

Why do shops agglomerate in shopping districts? According to theory, shops benefit from shopping externalities, generated by consumers' 'trip‐chaining' behaviour and lower search costs. We identify shopping externalities in the full population of main shopping streets of the Netherlands by estimating the effect of footfall – the daily number of pedestrians that pass by – on shop rents and vacancy rates, which together determine the store owner’s rental income. We address endogeneity issues by exploiting spatial differences of footfall between intersecting streets. Our estimates imply an elasticity of rental income with respect to footfall of 0.25. The shop's marginal benefit of a pedestrian passing by is € 0.004.

Our results imply substantial subsidies to either retail firms or store owners in main shopping streets. On average, a subsidy to store owners of 10 percent of the rent is welfare optimal, but the optimal subsidy to retail firms that generate above‐average footfall levels is substantially higher.

講師

Hans Koster (APL External)

使用言語

英語