文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Frugal Innovation, Global Value Chains and Local Economic Development

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しております。

研究所内外における研究者の方の研究成果、研究活動の中間発表を行っていただくほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」とお伝え頂き、開催場所まで直接お越し下さい。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得て頂きますよう、お願い申し上げます。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもございます。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認頂きましてからお出かけください。

お問い合わせ先


ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
今井 宏平 E-mail:kohei_imaiE-mail
粒良 麻知子 E-mail:Machiko_TsuburaE-mail
明日山 陽子 E-mail:yoko_asuyamaE-mail

開催日時

2017年2月28日 (火曜) 12時30分~14時00分

会場

要 旨

Frugal Innovations aim to bring 'good enough' and 'affordable' products, services and systems within the reach of billions of poorer and emerging new middle class consumers. Examples include water purifiers or cooling systems that do not require electricity; several IT based (micro) financing applications like Mpesa and Zoona; and low-cost solar lighting systems for rural electrification. Such innovations can be undertaken by established business units in the formal economy or by individual innovators at the grassroots level, creating local economic development opportunities.

The first part of the seminar will introduce frugal innovation, its key characteristics like basic functionalities, good enough quality and affordability for resource-constrained customers. Frugal innovations often combine low and high-end technologies and require context-specific adjustments. The second part will explain why frugal innovation is becoming an important theme in global value chain analysis, as a way to improve our analysis of how value chains 'touch down' in specific localities and impact on the nexus between technology, entrepreneurship and sustainable development. The third and final part of the seminar aims to outline an agenda for future policy-relevant research on where and when frugal innovations are more likely to contribute to more sustainable global value chains as well as local development opportunities. A central argument will be around the need for co-creation and deeper interaction between the global and local value chain actors in order to be able to achieve the desired outcomes.

講師

Professor Peter Knorringa(International Institute of Social Studies (ISS), Erasmus University Rotterdam)

司会

使用言語

英語