文字サイズ

標準
国・テーマ インデックス
イベント・セミナー情報

イベント・セミナー情報

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)

Perceptions of Japan's GGP Projects and Local Politics in Uganda

APLセミナー(アジ研パワーランチセミナー)は、アジア経済研究所の研究者のみならず、外部の研究者、学生の方にも参加いただけるリサーチワークショップで、お昼の時間にアジア経済研究所(海浜幕張)の会議室で開催しております。

研究所内外における研究者の方の研究成果、研究活動の中間発表を行っていただくほか、発表者と参加者、あるいは参加者相互のディスカッションを行います。テーマ、講師に応じて日本語あるいは英語での発表、議事進行となります。
——参加ご希望の方は、研究所受付にて「APLセミナーに参加」とお伝え頂き、開催場所まで直接お越し下さい。——
セミナー終了後、受付で渡される「面会確認票」にセミナーの司会者から署名を得て頂きますよう、お願い申し上げます。
なお、ランチとありますが昼食は出ません。

予告なく時間の変更や中止のケースもございます。中止や変更の連絡は本ウェブサイトにて行いますので、当日ウェブサイトにてご確認頂きましてからお出かけください。

お問い合わせ先

ジェトロ・アジア経済研究所 APL幹事
今井 宏平 E-mail:kohei_imaiE-mail
小川 道大 E-mail:Michihiro_OgawaE-mail
粒良 麻知子 E-mail:Machiko_TsuburaE-mail
成果普及課 Tel:043-299-9536

開催日時

2016年8月18日 (木曜) 15時30分~17時00分

会場
要 旨

Japan's Grant Assistance for Grassroots Human Security Projects (GGP) initiative funds small-scale infrastructure projects in countries around the world. As foreign aid that is targeted (i.e., intended for specific, delimited constituencies) and that bypasses the government (i.e., flows to non-governmental organizations), GGP grants resemble many other important foreign aid flows. Using an N=1,104 embedded informational experiment, we explore how information about the origins of development financing and about the entities responsible for the implementation of development projects affects perceptions of the relevance of government institutions and political leaders and whether or not such information leads citizens to engage differently with either political or development processes. We find that non-government projects are viewed as higher quality and more amenable to monitoring.
We find that local governments receive credit for these projects but that there are limited effects of the information on perceptions of political elites or intended political behavior.

講師

Dr. Matthew S. Winters (University of Illinois/CFR-Hitachi International Affairs Fellow)

司会
使用言語

英語